転職を成功させるには、まず書類選考という一つ目の山があります。転職エージェントを利用しているのに、書類選考がなかなか通らないということであれば、方法が間違っている可能性が高いです。

・そもそも、ミスマッチの求人
・転職エージェントに提示された求人に片っ端から応募している。
・転職エージェントと会わずに電話やメールだけのヒアリングで、求人企業へ応募している。
・転職エージェントにご自身の情報を全て伝えきれていない。

などなどがあると思います。

基本的には求人サイト等で自分で応募するよりも、転職エージェントからの紹介で応募したほうが書類選考は通りやすくなるはずです。

ご相談に来られた技術者の方が、見えない部分である転職エージェントと求人企業のやり取りを知っていただくと、その理由の一部が見えてくるかと思います。

企業としっかりつながりのある転職エージェントでは、求人企業と例えば以下のようなやり取りがあります。ほんの一例ですが、イメージとして感じ取っていただければと思います。

求人企業:『転職回数多い方ですね。ちょっとうちでは厳しいかな。』 

弊社:『確かに転職回数は多いですが、それぞれしっかりとした理由があります。1社目は~~~そして直近の会社は~~~なのです。』

求人企業:『なるほど。そのような事であれば納得できますね。」

弊社:『技術的にも設計だけでなく、試作や評価も自分自身で行っており~~~~~。あと補足ですが、この方は高校の時、野球部でキャプテンをしていました。そのようなこともあって、非常に後輩に対する面倒見が良いです。今でも社会人野球をやっていて~~~~~。そして意外な趣味として~~~。』

求人企業:『良くそこまで候補者の方の事を説明できますね。そこまでこの方の事を知っておられるのであれば、安心できます。是非会いたいと思います。面接の設定をさせて下さい。』

弊社:『分かりました。それでは本人のスケジュールを確認しておきます。』

求人企業:『それにしても最近の人材紹介は、横流しの転職エージェントが多くなっていて、推薦書の内容も表面的な薄いものだし、候補者の方に会っていないということもあるらしいですね。そういう紹介の仕方は弊社では受け付け難いです。』

求人企業によっては、沢山の候補者を一覧で欲しいから、レジュメだけメールで送ってくれれば良いという企業ニーズもありますが、弊社がお付き合いさせていただいている企業は、人対人で考えていらっしゃるところが多いです。そのため、上記のようなやり取りをする事によって、書類だけでは見えない応募者の方の良い部分も求人企業側に伝わり、書類選考通過率が格段に上がります。

スキルマッチングはAI(人工知能)のほうが人間より優秀かもしれませんが、タイプマッチングについては、人間でないと出来ないと思います。泥臭く人間関係や社風を重視して長く働ける企業への転職をお考えでしたら、是非ご相談ください。