「希望年収はいくらですか?」―面接で必ず聞かれる質問のひとつです。「転職するなら年収はアップさせたいし、希望を聞かれているのだから高めに言っておこうかな。」と考える方も多いようです。でも『高め』ってどのくらい?希望額をそのまま言っても大丈夫なのでしょうか。

転職後の年収については希望と現実が乖離している人多数

年収アップのために転職を考えている方も多いと思いますが、ある調査では転職して年収が下がった人は全体の約6割とも言われており、ほとんどの人が現状維持もしくは年収ダウン、現実的には転職により年収がアップする人の方が少ないのです。年収がダウンする理由としては、中途採用の場合、その方の能力・成果がわからないため給与を決定する判断が難しいことが大きいと考えられます。

それでも、「現状維持ではなく、ぜひとも年収をアップさせたい!」と考えている方、その希望額は現実的でかつ、その根拠はありますか?

給与はどのようにして決定するのか

社内規程による決定

企業において規定されている計算方法にもとづき決定されるものです。最終学歴や経験年数、あるいは年齢等を参考に決められます。

前職の給与額をもとに決定

前職の給与内訳をもとに自社の給与内訳に置き換えて決定されます。社内規程による決定と比べると、経験年数や年齢による指標はさほど考慮されない仕組みとなっています。

希望年収の確認は感覚の確認でもある

仕事に対する評価方法は企業によりいろいろとあるかと思いますが、わかりやすい評価のひとつは給与額に反映されることだと思います。「これだけの成果をあげているのだから、もっと給与をもらえるはず。今の企業では正当な評価を受けていないと感じている。」という方もいることでしょう。

現状との収入差異を埋めるべく希望年収を伝えたものの「当社ではご希望額を用意することはできません。」と採用が見送りとなった方もいます。

また、「最低でも月○○万円ないと生活ができない。」と、生活水準を上げるための希望額を伝えたところ「ご希望額は当社では部長クラスの待遇であり、相応の業務を担っていただけるとは判断しかねます。」と不採用になった方もいました。

このように、「個人の感覚」が「自社の感覚」と乖離していないかどうかを確認するために希望年収を質問する企業もあります。この感覚に対してお互いに違和感がある場合は、「一緒に働いていくことは難しい」と判断される材料になるわけです。

【年収アップを希望する場合は「その根拠が納得できる内容」であり「現実的な金額である」と企業側に理解してもらえることが大事です】

逆に、今より低い額が希望年収だと言ったら?

「現年収より高い希望年収は、「よほどの自信家さんなのかな?」とか「一般的な感覚からズレている人なのかな?」と思われてしまうから、ここは謙虚に低く言えば良いのかも。」と思われた方、それはそれで注意してください。

要は、「その額には納得してもらえる根拠があるかどうか」が大事なのです。たとえば、「過重労働が続きその超過勤務分の手当が高額になったために現年収は高いのですが、それを差し引いて計算した額を希望額としています。」といった説明があれば企業側にも理解していただけます。

意味もなく低い額を言えば自己評価の低い人(自信のない人)あるいは、何かを隠していると思われてしまうこともあります。

提示された年収は【合計額】よりも【内訳】を読む

内定通知を受領した際に確認する項目のひとつは年収額ですよね。合計年収額を見て、現職より上がったのか下がったのかを判断する方が多いのですが、合計額を見て喜んだりガッカリしたりするのはちょっと待ってください。

合計年収額がどのような内訳で計算され表記されているのか、そこまでしっかり読み解いてから判断しましょう。家族手当などの手当額、時間外手当も含まれているようであれば計算されている想定時間なども確認してみてください。

提示された合計年収額を見て即刻内定を承諾し、入社後に受け取った給与額に疑問を抱き、内訳を問い合わせたところ読み違いをしていたことが判明したという方もいました。合計額で内定承諾や辞退を判断することのないよう、不明な点があれば質問しましょう。その過程で相談したいことがあれば、再度面談を設定していただいても良いかと思います。