「長所、短所は?」という質問は、採用面接では新卒、中途いずれの場合も定番です。皆さんどのように答えているでしょうか。ネットや就職、転職関連の本を参考にして準備していることと思います。しかし、マニュアルに頼るのは自分らしさ、オリジナリティを消してしまう恐れがあります。

今回は不自然にならないように、自分らしさ、オリジナリティを残しつつ、どのように準備するかのお話をさせていただきます。

採用面接での質問には必ず意図があると考える

ボードを見て考える男性

日々、様々な方の面接対策を行っていますが、どうやって答えたらよいか、どのように話をしたら良いかということを考える方がほとんどということに、気づきます。応募した企業に評価されたいのは当然ですので、そうなるのはおかしな話ではありません。しかし、もっと相手側(企業側)のことを見ていかないと、良い結果には結び付きません。

どう答えたら良いか、どのように話をしたら良いかを考えることで、自分らしさや自然さは失われてしまいますし、深読みしすぎておかしなことになったり、頭が混乱して真っ白になってしまったりするケースを同席面接の現場で何度か見てきました。

そこで気づいたのが、うまくいかないパターンは「相手側(企業側)が何を考えているのか」ということを応募者が想像していないのです。

きちんと採用面接をしている企業は、必ず一つ一つの質問に意図があります。それを感じ取ろうとするスタンスが、まず初めに準備すべきことになります。

長所、短所の質問の意図は?

インタビューアーの意図を汲んだ回答を差し出す手

では、求人企業が何故、長所と短所を質問してくるのでしょうか。

長所、短所いずれにも当てはまるのが、この人はちゃんと自分のことを理解しているかを確認しているということが挙げられます。自分を知らなければ強みを活かすことも、弱みを改善することも出来ないからです。

そして、企業側にとっては長所よりも短所について聞きたいということが多いです。誰もが短所はあるものですが、企業側としては、その短所とどのように向き合っているか、どのようにカバーしているか、どのように改善しようとしているかを知りたいのです。

そのようなことから、下記のような質問をされることがあります。

短所の深堀り質問例

・その短所が原因で過去に失敗したことや問題になったエピソードがあれば教えてください。
・その短所とはどのように向き合い、どのように改善しようとしていますか。
・長所を短所に変えて成功したエピソードがあれば教えてください。

いずれも普段から考えていないと難しい質問ですよね。逆に言うと考えていれば困ることのない簡単な質問です。

長所、短所の考え方

長所、短所のチェックシート

では、長所、短所の考え方をご紹介します。長所、短所いずれもエピソードから思い出すというやり方です。

※ここでご紹介する方法が全てではなく、これはあくまでも一例です。

長所

長所は出てこないという方は少ないですが、謙虚すぎて一つも挙げられないという技術者(エンジニア)の方もいらっしゃいます。

今まででうまくいったこと、成功したことを思い出してみてください。どんなに小さなことでも良いです。それを一言で言うとどうなりますか?それが長所です。

短所

短所は悩む方が多いです。しかし、これも簡単です。最近自分が「これは何とかしなくちゃな」と思っていることや「改善しようとしていること」を思い出してみてください。

それは一言で言うと何ですか?それが短所です。

いずれもエピソードから考えているので、自分らしさ、オリジナリティ、自然さがあり、更に深堀り質問されてもエピソードありきの長所、短所ですので、困ることはありません。

さいごに

今回は、長所、短所についてのおはなしでしたが、採用面接において大事なことは、エピソードありきで答えられているかです。マニュアル通りの準備では、どうしても違和感が出てしまいます。

自分らしさ、オリジナリティはエピソード(過去の自分の体験)から出てきます。エピソードから考えた長所、短所は、マニュアル通りの回答だなって思われることはないと思いますし、回答に窮することなく自然に答えられるようになると思います。

是非、自分らしさを出して、面接を成功させてください。