先週の金曜日に小雨がぱらつく中、神奈川大学の工学部が主催する「神大テクノフェスタ2016 with 企業-工学部交流会」に参加してきました。

上記写真は会場である2号館入口です。

神大テクノフェスタは工学部・工学研究科・工学研究所の研究活動と成果を広く社会に公表して、産業の振興に寄与することを目的として、2008年から開催しているイベントです。

その中で、弊社が参加した「企業-工学部交流会」は学生が企業と交流することで、今大学で学んでいることがどのように社会で活かせるのかといったようなことを垣間見る機会を得てもらうことを重要な目的としています。

開催概要は以下の通りです。

《日時》
2016年11月11日(金)15:00~19:30

《場所》
神奈川大学横浜キャンパス 2号館

《タイムスケジュール》
15:00~17:30 企業交流会
18:00~19:30 技術・情報交換会(懇親会)

入口のドアにはポスターが貼られていました。

神大テクノフェスタ2016のポスター

ドアを開けて地下へ降りていくと「宇宙エレベータープロジェクト」を展示していました。学年や学科に関係なく、やりたい人が集まって取り組んでいるプロジェクトとのことです。エレベーターの昇降機にあたる部分を作って展示していました。設計はもちろんのこと、部品の加工も自分達で行っているようです。ちなみに下写真の左から2番目の装置は材料費だけで約20万円とのことです。

宇宙エレベータープロジェクト

会場に入ると、奥のほうに学生さん達の研究内容を展示しているエリアがありました。

神大テクノフェスタ2016の学生展示ブース

15:00になると企業交流会が始まりました。学生さんたちも積極的に参加していて、かなりの熱気につつまれていました。

神大テクノフェスタ2016の企業交流会

15分毎に学生さん達が席を移動していくという流れで、17:30まで引っ切り無しに続いていきました。

企業交流会での日本アルテックブース

参加者の学生さんは1年生~大学院1年生までと幅広く、様々な方の話を聞くことが出来て非常に有意義でした。

皆、しっかりと考えているなぁと感心したのと同時に社会に出るための情報を得る場や方法がなく、困っているということも感じました。

やはりこのような学生と企業の交流は必要ですね。

我々もこのような場を提供していく考えがあり、来春頃に新サービスをリリースする予定です。