採用を担当しているのは、殆どの企業で、人事部、若しくは総務部です。応募者は人事担当者の方を見て、その企業の大部分のイメージを持つようです。

会社の代表、会社の顔

その会社の雰囲気をどういうところで感じるか。

有名企業であれば、メディアや製品の印象が強いかもしれません。

しかし、通常の就職・転職活動においては、【会った人】【見たもの】【聞いたこと】ではないでしょうか。

人間の認識として、自身が五感で感じたもの以上はないでしょう。

実際に過去の就職活動の話を聞いた時に、『入社の決め手』になったのは何かと質問すると、

『面接の時の人事担当の方の印象が良かったから』

『会社見学をした時の印象が良かったから』

『面接や、先輩社員の話を聞いた話が良かったから』

という風に、実際に自身で感じ取った事が決め手になる事も多いようです。

この場合、やはり応募者の方が接する殆どが人事担当の方ですから、その方自身の印象、話した内容、見せた内容が重要になります。

エージェント窓口も人事担当者

我々エージェントが企業と接する場合も、まずは人事担当者が殆どです。

すると、同様に人事担当者の方の印象で、その企業の印象に大きな影響を与えます。

会社イメージを落としかねない人事担当者

我々も、取引をする以上は、魅力を感じ、相談にいらっしゃる方々に推薦出来る企業のみです。

しかし、不安になってしまう人事担当者の方もいらっしゃいます。

面接へ行けば、応募者の方には優しく接するのでしょうが、我々エージェントとのやり取り・態度が横柄だったり、雑だったり、曖昧だったり。これが人事担当者の個人的問題だけの場合、非常に残念に感じてしまいます。

そして、『このまま応募者の方に会わせて大丈夫なのだろうか・・・』とまで感じてしまいます。

そうなんです、『人事担当者は会社の顔』なのです!