転職面接では必ず聞かれる項目があります。

「退職理由」、「転職理由」、「志望動機」、「技術経験について」の質問がそれにあたります。中でもネガティブにとられがちな「退職理由」は説明に悩まれる方が多いです。

退職理由を説明する際に一番気を付けなければならないのは、自分を良く見せようとしてしまうことです。面接ですので、そのような気持ちになるのは当然のことではありますが、ネガティブな内容である程、ストレートに話すべきです。

というのも、素直な気持ちでストレートに話せば、違和感なく堂々と説明が出来ると思いますし、聞いている側も「納得感」を持ちやすいのです。

また、面接へ進んだという事は、書類選考を通過しているわけですので、企業側としては、以下内容については受容しているという事です。

  • スキル、経験
  • 経験社数
  • 離職期間
  • 学歴
  • 年齢

ということは、上記内容はクリアしているのですから、あとは色々と質問をして、納得感を得たいだけなのです。

過ぎ去ってしまったことは事実として残り、変えることは出来ないので、今までの事実をしっかりと認識して、これからどうするのかを堂々と話せるようになることが大切です。

弊社では、テクニカル的な「面接対策」という観点ではなく、「しっかりとご自身の考えを正しく相手企業へ伝えられるようにする。」という考えで、面接前にはしっかりと一緒に準備しています。それにプラスして各企業で過去に聞かれた質問項目もお伝えしています。

技術者の方は面接が苦手な方が多いのですが、中身は良いモノを持っていらっしゃる方が多いので、本来の目的を重要視して、「良い部分を引き出し、正確に伝えられるようにすること」を重視しています。

様々なパターンの準備を経験してきておりますので、安心してください。

面接は誰でもしっかりと準備すれば大丈夫です!