お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

転職エージェントからのスカウト(オファー)の活かし方


転職エージェントからのスカウト(オファー)の活かし方

スカウトの種類

転職サイトへ登録すると、以下二通りのスカウト(オファー)が来ます。

1.求人企業からの直接スカウト(オファー)

求人企業からの、面接確約オファーであったり、「あなたに興味がありますので応募しませんか?」という興味通知オファーです。

後者は、スキルのキーワードマッチングだけで一斉送信していることが多いので、精度には疑問が残りますが、前者は面接確約オファーですので、応募すればすぐに面接となります。ただ、注意しなければならないのは、転職サイトのレジュメ情報登録で、職務経歴内容詳細をしっかりと入力しておらず、簡単な内容しか入力していないにも関わらず、面接確約オファーが来た場合です。ただ単に多くの人出が必要なだけでオファーを出している可能性があります。

2.転職エージェントからのスカウト(オファー)

転職エージェントからのスカウト(オファー)は、転職サイトに登録されているレジュメの情報から、この企業が合っているのではないかという推測の元、スカウトを送っている形になります。ですので、具体的には面談をして、詳細をヒアリングした上で、マッチしているの思われる企業を紹介していきます。

転職エージェントからのスカウトの注意点と活かし方

次に転職エージェントからのスカウトで気を付けたほうが良い点と活かし方についてお話します。

気を付けたほうが良い点

転職エージェントからのスカウト(オファー)で気を付ける点は、「しっかりと自分のレジュメを見てくれているか。」や「自分の専門分野に強い転職エージェントか。」です。

しっかりとレジュメを見ていないで送られてくるオファーの例としては、自分は電気回路設計開発職なのに人事職や営業職の求人が送られてくる等があります。

また、自分の専門分野に強い転職エージェントではない場合、自分は生産設備の機械設計職なのに、生産技術や設備保全の求人を送ってくるというようなことが良くあるようです。

活かし方

転職エージェントからのオファーは、必ずその企業へ応募しなければならない訳ではなく、また入社しなければならない訳ではありませんので、遠慮なく活用していきましょう。

1.自分の事をしっかりと理解してもらうこと

「しっかりと自分のレジュメを見てくれている。」「自分の専門分野に強い転職エージェント。」という2点が当てはまっていれば、まずは返信してみましょう。そして面談をして、しっかりと自分の事を深く理解してもらうことが成功への近道です。ただし、初回の面談の会話の中で技術的な内容が分かってもらえなかったり、業界の事を分かっていないと感じた場合は、他の転職エージェントを探したほうが良いかもしれません。

転職エージェントに自分の事を深く理解してもらえれば、自分に合った企業を紹介してもらえるだけでなく、紹介先企業への説明、PRもしっかりと行ってもらえ、書類選考通過率が高まります。

2.企業情報や業界情報を聞き出す

業界専門の転職エージェントであれば、業界の情報といった広めの情報から、職場の雰囲気や働き方のような細かい情報も持っているはずです。そのような求人票やホームページ、口コミサイトでは分からない「生の情報」を聞き出すことも転職エージェントの活用方法のひとつです。

まとめ

とにかく専門の転職エージェントから情報を収集すること、自分の事はしっかりと話して理解してもらうことが重要です。また、事務的に進めてうまくいくものではないと思いますので、転職エージェントとしっかりとコミュニケーションを取って二人三脚で進めていくことも大切だと思います。ただし、人間同士のことですので、相性が合わないと思えば素直に話して担当を変えてもらうことも必要です。


この記事を書いた人

相澤庸介

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP