お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

転職のタイミングって難しい!?


転職のタイミングって難しい!?

転職すべきタイミングがいつかなんて、誰も教えてくれません。今回は、そんな『転職のタイミング』に関して考えてみましょう。

転職のベストタイミングとは!?

転職のきっかけ、理由、目的、その他本当に様々です。ですので、ケース別に考えてみましょう。

離職中の方!

既に退職されている方は、すぐに働ける状態であれば、迷わずすぐに働く事を目的に就職活動をすべきでしょう。

例外としては、就職以外に目的がある方、就職の為にやらなければならない事(必須資格の取得など)がある方。

退職日の見込みが立っている方!

本人の意向に関わらず、現在は離職するきっかけ、原因が色々とあります。会社の倒産、合併や移転、早期退職やリストラ、その他諸々。又は、『自分の希望により辞めたいタイミング』というのもあります。

例えば、『結婚等のタイミングによる転居』で通勤不可となる場合。年齢制限のある職種等に転職する場合もこれに含まれます。これらの場合は、もちろん退職日に合わせて転職するのが相応しいですが、転職には時間がかかるので、『前もって動き始めて間に合わせる』必要があります。

期日の制限が特にない方!

一般的には、この場合の方がタイミングを悩む事でしょう。

思い立ったが動くべき時』という考えの方がいます。

たしかにこれも一つの考え方です。きっかけも目的もハッキリしているでしょう。

焦らずやりたい事をしっかり考えるべき』という考えの方もいます。

これも一つの考え方です。

タイミングは個人の性格にも関係してきます。

明確なヴィッジョンがある方は、

まずは動き出してみると、色々と見えてくると思います。世間の求人の状況や、自身の市場価値、そういう状況を見ながらタイミングを考えられるかもしれません。その上で、応募したい企業、求人のタイミングに合わせて動くのが良いでしょう。

明確なヴィジョンがない方は、

もっと慎重に動いた方が良いかもしれません。求人情報を見ても、目移りばかりしてしまう可能性が高いです。現代はインターネット等による情報化社会です。沢山の情報があり過ぎて、分からなくなってしまう事が多々あります。動いて外を見るよりも、現状の分析や自身の分析をした方が良いでしょう。もしかしたら、今の会社に残った方が良いという結論に至るかもしれません。分析する事で明確なヴィジョンが見つかった人は、前項の通り動き出してみましょう。

一般論だけに惑わされないように!

転職には、『30歳限界説』、『35歳限界説』などの、年齢にまつわる一般論があります。

他にも、『○月頃が求人が多い』等の一般論もあるようです。

しかし、これらだけに惑わされるのは非常に危険です。

何故なら、業界、企業、職種、時代、その他の理由により、『世間のニーズ』は全く違うのです。若い方が評価される場合も、ベテランの経験が評価される場合もあるのです。

ですので、『一般論』にだけ左右されるのは非常に危険ですので、気を付けてください!

いつでも辞められます!

大事なのは、焦って辞めない事です。辞める事はいつでも出来ますが、戻る事は出来ません。迷っている時は、行動しない方が良い事が多いものです。

焦って行動すると、周りの情報に惑わされて、間違った方向へ進んでしまう場合があります。焦らず、『転職活動の第一歩』からです!!


この記事を書いた人

浦林次郎

浦林次郎

友だち追加

大手特定派遣会社での技術職・営業職経験を活かし、『技術者目線』を大事にしたキャリアコンサルティング、企業への採用コンサルティングを実践し、キャリア相談者とも採用担当者とも信頼関係を最重要視している。

浦林次郎

友だち追加

大手特定派遣会社での技術職・営業職経験を活かし、『技術者目線』を大事にしたキャリアコンサルティング、企業への採用コンサルティングを実践し、キャリア相談者とも採用担当者とも信頼関係を最重要視している。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP