お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

自己紹介、経歴説明は出来ますか?


自己紹介、経歴説明は出来ますか?

技術者の皆さん、面接準備はしっかりと行っていますか?

面接対策というと、テクニカルなイメージなので、私は好きではないのですが、面接準備は、本来の自分をしっかりと伝える為だけでなく、応募企業に対しての最低限のマナーでもあると思うので、得意不得意関係なく、必ず取り組んだほうが良いと思っています。

面接はしょっちゅうあるものではないので、本来得意な人はいないと思っています。しかし、これは「慣れ」の問題なので、心配する必要はありません。しっかりと準備して、面接モードに慣れれば良いのです。

逆に注意が必要なのは、コミュニケーションに自信がある方や、「アドリブで何とかなる!」と思っている方です。

面接が苦手と思っている方は、しっかりと一緒に準備するので、どの点をどのように準備すれば良いかが見えてきて、対策を打てるのですが、自信のある方はあまり準備をせず、アドリブに走ってしまい、意外と危険な場合があります。

特に自己紹介や経歴説明は、声に出してやってみると結構出来ないものです。

アドリブがダメなわけではありません。
いくら想定質問に対する回答を準備していても、全く同じ内容や進行になることはほぼないと考えていたほうが良いので、その場でのアドリブは必要です。

ただ、自己紹介、経歴紹介だけは面接の冒頭にほとんどの企業で聞かれることですし、会話形式ではなく、一人で話し続けなければならないので、準備しておかないとまとまりのない話し方になってしまいます。

自己紹介、経歴紹介はしっかりと準備をしておきましょう!

私はいつも以下のようにまとめると話しやすいですよとお伝えしています。

初めに、「〇〇〇〇と申します。よろしくお願い致します。」というところからスタートし、最後は、「以上です。よろしくお願い致します。」で締めくくる。

内容部分については、2、3分程度のボリュームにまとめるようにする。
ポイントは、初めに技術経験のポイントのみ伝えてから(サマリー的なイメージ)、学校を卒業して、その後、〇〇へ入社し、どのような製品(あるいは何をする為の製品)をどのようなメンバー構成で自分はどのような役割で何をしたかを説明します。そして最後に自己PR、熱意を伝えるという構成が基本的な流れです。

まとめると・・・
1.「〇〇〇〇と申します。よろしくお願い致します。」
2.技術経験のポイントのみ伝える(サマリー)
3.学校卒業から、入社
4.入社後の内容は、下記ポイントを説明
 ・どのような製品(あるいは何をする為の製品)に携わったか
 ・どのようなメンバー構成
 ・どのような役割で自分は何をしたか
5.自己PR、熱意
6.「以上です。よろしくお願い致します。」で締めくくる。

中身は当然重要ですが、初めと最後の締めがしっかりと出来ているとイメージが良いです。上記内容がまとまったら、声に出してみましょう。違和感がある部分が出てくるかと思いますので、その点を修正しながらブラッシュアップしていきます。

これをやるだけで面接に対する自信も付きますし、自分自身が経験してきた内容をしっかりと振り返ることになるので、他の質問にも答えられるようになります。

面接を控えている方は、是非だまされたと思ってやってみて下さい。

弊社では技術者専門の面接準備を行っています。
不安な方や自信はあるけど念の為確認したいという方は、お気軽にご相談ください。


この記事を書いた人

相澤庸介

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP