お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

究極の面接対策は素直に自然体で臨めるようにすること


究極の面接対策は素直に自然体で臨めるようにすること

採用面接では、自分を良く見せたい一心から、うまくカッコ良く話をしようとしてしまいがちですが、結局は自然体が一番です。

先日、離職期間がそろそろ1年になるというAさんの転職支援をさせていただきました。

離職期間1年というだけで、後ろめたく感じてしまうかと思いますが、退職理由とその後、どのように過ごしていたかについての説明も非常に悩ましいという状況でした。

しかし、Aさんは今までゼロから一にすることをやり遂げてきたり、基礎学力が高かったり、コミュニケーションもしっかりとしていたりと、ポテンシャルを秘めた優秀な若手技術者だったため、退職理由については誤解のないようにしっかりと伝えていきたいと考えていました。

どうやって説明をしたら、応募先企業へ納得してもらえるのだろうかと二人で考え、何度も修正しながら文章にまとめていきました。
(この時点で進め方、考え方が間違っていました。反省しています。)

退職理由のメインは上司、先輩とカラーの違う2種類のパワハラで、だんだんときつくなってきて辞めてしまったということなのですが、面接あるいは書類選考では、初めて聞く人の話になりますので、ストレートに伝えると、「耐える力がないのではないのか。」「また同じように辞めてしまうのではないか。」と思われてしまう可能性があります。そうならないようにと、その点については、小さなことでも良いから他の理由はなかったかということを思い出してもらい、全て書き出してまとめていきました。

そして、出来上がった内容を言葉にしてみると、一見納得できそうな内容にはなっているものの、どこかで話がつながりません。

さらに、退職後については技術職ではない職種で活動をしていて、今に至るという状況で、通常納得のいく説明は出来ない状況でした。

そこで、一度全てリセットして、面接の本来の目的に立ち戻ることにしました。

面接対策はきれいに着飾る準備をするものではないのに、私自身が焦って良く見せようという方向になってしまっていたのです。Aさん、ごめんなさい。

そこからは、改めて全て事実を並べてみて、Aさんに言葉に出して説明してもらいました。するとこれが全く違和感なかったのです。Aさん自身も「これならストレートに話しているだけなので、自分自身も納得感があり、話しやすいです。」というので「それじゃ、そのままで行こう!」ということになりました。

そして、書類も通過し、面接当日は緊張しながらもしっかりと素直な自分が出せたことで、
応募先企業から内定をいただくことが出来ました。

初めからAさん自身が経験してきた今までの流れを、ノイズなしにストレートに話すということに重点をおいてサポートしていれば、こんな回りくどいことにならなかったのです。

転職支援をしている身として、非常に反省すべき対応でした。

良く見せようという思いは悪いことではないと思いますが、表面的なものはやはりボロが出ます。いわゆるテクニックに走るのはNGです。

究極の面接対策は、素直に自分自身のことをしっかりと伝えられるように準備して自然体で臨めるようにすることだと思います。

あと、面接対策というと試験対策みたいで、本来の面接の目的とズレを感じるので、面接準備という言葉が我々が行っている支援内容にはあっているかもしれません。今後は面接準備と言っていきたいと思います。


この記事を書いた人

相澤庸介

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP