お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

無駄が必要な仕事!?


ものづくりの世界では、拘りをもっている技術者が多くいらっしゃいます。それぞれの拘りの種類は、業界や製品、職種によって様々です。その中でも、【無駄の重要性】に拘っている技術者の方に出会った話を書かせて頂きます。

『無駄が必要!』と語った技術者とは・・・

まず、『無駄』という言葉を辞書で調べると、『役に立たないこと。それをしただけのかいがないこと。』と出てきます。つまり、無い方が良い事と考えられるのが一般的です。しかし、この『無駄』が必要と語る技術者、どういう意図なのでしょうか。

『世の中にないものを創り出す』という仕事

その技術者は、ある製品の専業メーカーで、『世の中にまだないものを創り出し、世界一を目指す』という熱い想いで製品開発に向き合っています。そして、その方が仰る事には、

『世の中にないもの創り出す時に、効率良くなんて言う事は出来ない。無駄かどうか分からないけど、とにかくチャレンジしながら色々試してみて、100のチャレンジから1の可能性を導き出せれば成功だ』

私は、なるほどと思いました。

効率よく仕事をするには、仕事のスタート、プロセス、ゴール、という流れがある程度分かっていないと、出来ない事だと思います。ですので、全く新しい開発、繰り返しでない仕事をする上では、効率化とは無縁の部分があって当たり前です。

そして、その多くのチャレンジの中には、無駄に終わるものもありますが、低い確率で成功につながるものもあり、その少ない成功こそが、新しいものづくりへの糸口なのですね。

技術者の考え方の違い

しかし、この話を聞いた技術者の反応は二つに分かれます。

『まさに、ものづくりの醍醐味はそうですよね!とことん良いものを創り出すために追求する。そういう仕事をしたかったんですよ!』

一方では、

『それって、なんだかんだ非効率な仕事の仕方を肯定する、ブラック企業的な発想ですよね?そういう事を言う人を上司にはしたくないですね。』

さて、皆さんはどう感じますでしょうか。

キャリア支援との共通点

実は、この技術者の方の意見に私が共感したのは、キャリア支援の仕事というのが正に無駄になるかもしれない事も必要』だからです。正解のない仕事というのは、全てそうなのだと思います。

それでは、今回のテーマに沿って仕事を選ぶ場合、どう考えるべきか、それはその正解のない仕事に遣り甲斐を感じるかどうかです。

前述の否定的な意見の方は、同じ技術者でも、『答えのあるものづくり=実績のあるものの真似や繰り返し』をした方が良いかもしれません。かなり狭い世界になってしまいますが・・・


この記事を書いた人

浦林次郎

浦林次郎

友だち追加

大手特定派遣会社での技術職・営業職経験を活かし、『技術者目線』を大事にしたキャリアコンサルティング、企業への採用コンサルティングを実践し、キャリア相談者とも採用担当者とも信頼関係を最重要視している。

浦林次郎

友だち追加

大手特定派遣会社での技術職・営業職経験を活かし、『技術者目線』を大事にしたキャリアコンサルティング、企業への採用コンサルティングを実践し、キャリア相談者とも採用担当者とも信頼関係を最重要視している。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP