お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

求人票の給与条件ってあいまい!?


求人票の給与条件ってあいまい!?

求人票は転職活動で必ず見ていると思いますが、給与条件はどう見たら良いのか疑問に思ったことはないでしょうか。

よくある表記として

年収400万円~600万円(月給制、昇給年1回、賞与年2回)
※経験、能力を考慮の上、社内規定により決定します。
  • この200万円のレンジは何なのだろうか
  • 自分はいくらに当てはまるのだろうか
  • 入社時は全員400万円スタートになるのだろうか
  • 何年いても600万円以上にはならないのだろうか
  • 社内規定により決定というが、いつ自分の給与額は分かるのだろうか

などなど・・・

非常に気になるかと思います。

中途採用の場合、応募者はさまざま

例えば今回の求人は550万円です!と金額をピンポイントで表示していないのには訳があります。

それは、新卒採用と違い、中途採用の場合は応募してくる方が様々であったり、求人募集をかけている企業側もある程度の年齢、能力の幅を設定しているので、人によって給与条件は変わってくるのです。

そのため、年収400万円~600万円というように200万円の幅があったりします。

必ずしも表記の年収レンジ内という意味ではありません

求人票に記載してある年収レンジは、その時に採用したい人物像、役割をイメージしての年収レンジであって、予想していなかった人が応募してきた場合、年収400万円~600万円となっていても、想定していたポジションよりも上の役割を任せられそうであれば、600万円を超える条件になったり、逆に想定していたポジションでは厳しいけれど、ポテンシャル採用前提で進めるという場合、400万円を下回ることもあります。

また、全員400万円スタートという意味ではありませんし、どんなに頑張っても、そして何年いても600万円を超えられないという意味ではありません。

いつ自分の給与額は分かるのか

一般的には、最終面接前の条件面談時に知らされたり、内定が出た際の内定通知書と共に労働条件通知書に記載されているということが多いです。

しかし、自分の希望とあまりにもかけ離れた条件になるようであれば、選考を進める意味がないと考える方も少なくないと思います。

求人企業へ直接応募する際は、聞きづらい点かとは思いますが、転職エージェントを利用しているのであれば、その転職エージェントに大体のイメージを聞いておいたほうが良いと思います。


この記事を書いた人

相澤庸介

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP