お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

有給休暇消化は有効活用してください


有給休暇消化は有効活用してください

転職時、在職中に転職先が決まり、離職期間をつくらずに転職する場合、残った有給休暇を使う、所謂【有給消化】をする人が多いですが、この使い方に関して、幾つかの考え方があるようです。

有給消化は権利だ!!

ルール上は、付与された有給休暇を使う事は権利です。その為、とにかく辞めるまでに使い切ろうと考える方がいらっしゃいます。この考え方は間違っていません。

ただ、現実的には幾つかの問題が発生します。

まずは転職前の企業での退職と【有給消化】の仕方です。

その人の仕事が重要であればあるほど、引継に時間がかかる場合があります。おおよそ、引継には1ヶ月近くかかると考えられます。

そして、有給休暇の残り日数です。多くの技術者の方は、沢山の有給休暇を持っています。忙しくて休む暇が無かったり、急な仕事が入るので休み辛かったりするからです。多くの企業では、有給休暇を持てる上限が40日のようです。これを全部使おうとすると、2ヶ月かかります。

そうすると、引継+有給消化=3ヶ月となります。季節が変わってしまいますね。

次は、転職先企業を待たせてしまう問題です。

採用側にも都合があります。採用時期にも理由があります。もし、採用したいと思う人であっても、『1年後に入社したいんです』と言われれば、恐らく採用はされないでしょう。

前述の例で、3ヶ月後の入社というのも際どいタイミングだと思います。

キャリアコンサルタントからのアドバイス

この場合、私からのアドバイスとしては、『何の為の【有給消化】か考えましょう』です。

例えば、『有給を使い切らないと勿体ないじゃあないですか』という人がいます。

ですが、『休んで何をしたいんですか?』と聞くと『別に』と答える人がいます。

そうすると、『何となく休んでる時間の方が勿体ないんじゃあないですか?』という話になります。

技術者のキャリアという事だけ考えると、仕事から離れる期間は、その人なりに適当な期間があると思います。長い休暇が【ブランク】になってしまう人と、【リフレッシュ】になる人がいるかたです。

大事なのは何か?それは、現職へかける迷惑を最小限にして【飛ぶ鳥跡を濁さず】を心がける事と、転職先でのキャリアを成功させる事です。その為に何をすべきかを考えましょう!!

休みなんかいりません、すぐに働かせてください!!

という人の気持ち、凄く分かります。少しでもブランクを作りたくない。少しでも早く次の仕事を覚えたい。その意気込みは素晴らしい事です。

キャリアコンサルタントからのアドバイス

こういう方へは、『リフレッシュは大事なので、数日だけでも自分の時間を作りましょう』と伝えます。

理由は幾つかありますが、まずこういうタイプの人は、普段から仕事を頑張りすぎてしまう傾向があります。そうすると、まとめた休みを取る機会は、この転職時しか無いかもしれません。こういう転機での自分の時間というのは非常に大事です。

普段やれない事をやる、趣味に没頭する、勉強する、旅行する、地元に帰る、何もしない、いずれもまとまった時間がないと出来ない事です。

転職は人生の転機です。転職活動でも、キャリアカウンセリング等を通して、ご自身の過去を振り返った上で先々のキャリアを考えながら転職活動をする訳ですが、転職先が決まったことで、改めて自分の時間を作ることは非常に大事であり、自身の心や考え方を整理し、スイッチを切り替え、次の仕事への準備をした上で、転職先へ入社する事は、きっとその人の新しいキャリアのスタートに良い影響を与えてくれる事でしょう。

有給消化の有効活用を心がけましょう!!

有給休暇は、会社を休んでも給与が減らないように補填するのが目的です。自己都合で退職する時に、『給料もらって休むチャンスなのに勿体ない』という考え方は少々危険です。

理由は上述の通りですが、是非『次のキャリアの為のリフレッシュ期間』と捉えて、相応しいタイミングと期間として、【有給消化】として使えるようになった日数を有効活用してください。


この記事を書いた人

浦林次郎

浦林次郎

友だち追加

大手特定派遣会社での技術職・営業職経験を活かし、『技術者目線』を大事にしたキャリアコンサルティング、企業への採用コンサルティングを実践し、キャリア相談者とも採用担当者とも信頼関係を最重要視している。

浦林次郎

友だち追加

大手特定派遣会社での技術職・営業職経験を活かし、『技術者目線』を大事にしたキャリアコンサルティング、企業への採用コンサルティングを実践し、キャリア相談者とも採用担当者とも信頼関係を最重要視している。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP