お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

採用担当に聞いた面接実録~その2~


採用担当に聞いた面接実録~その2~

人事採用を担当している方からお聞きした面接での出来事を、前回の記事に続きご紹介します。

続・具体性を欠く回答「雰囲気」

「雰囲気」という言葉を多用する傾向にある、とのこと。

「例えば、志望動機をたずねると、『サイトを見て、雰囲気の良さそうな企業だと感じたから』や『担当してくれた方が雰囲気の良い方だったから良い企業だと思った』と回答する方がいます。」

雰囲気というのは抽象的ですし、逆に、雰囲気の悪いコーポレートサイトなんて無いに等しいですよね。

「面接の終盤『質問はありますか?』との問いに、『御社はどんな雰囲気ですか?』と聞かれたことがありました。質問の意図もよくわかりませんし、聞きたいことを予め用意してないのだなと感じます。」

複数の企業で併行して面接を受ける場合は、仕事の進め方や人員構成など、どの企業に対しても共通して質問したいことと、製品に関することなどの企業特有の質問は用意しておきたいところです。内容はより具体的にし、”なんかフワッとした質問”はひかえましょう。

質問に質問返し?!

前述の「質問はありますか?」に続く話ですが、逆質問されることもしばしばあるそうです。

今日の面接、どうでしたか?

質問に質問で返すうえに、この問いとは強者です。バラエティー番組のMCよろしく、エンディングの締めに入ってるのでしょうか?

こんな質問返しもあったそうです。「日頃の生活を聞いたところ朝活をしていると答えた方に、どんな活動しているかなどを聞いた後、『○○さんは朝、何していますか?』と聞かれました。何か聞かなくては、と思ったのかもしれませんが…。」

かと思えば、質問をしない方もいるようで、

「自己PRを始める方もいます。面接冒頭の自己紹介とほぼ同じ話で、ちょっとクドいと感じることもあります。また、『今日はとても楽しかったです!』と言った方がいました。面接ですから、さすがに”楽しかった”というのはどうかな、と。」

『質問』と『自己PR』『最後のご挨拶』は混同しないよう留意しましょう。

※「こんな質問してみたいけど…」といったことがありましたらエージェントにご相談ください!


この記事を書いた人

三上知子

三上知子

友だち追加

カウセリングを通じてキャリアデザインのお手伝いをしています。
最近はネックレスやイヤリングなどのアクセサリーを手作りして楽しんでます。

三上知子

友だち追加

カウセリングを通じてキャリアデザインのお手伝いをしています。
最近はネックレスやイヤリングなどのアクセサリーを手作りして楽しんでます。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP