お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

技術者の転職は一般的な転職関連情報に惑わされてはいけない


技術者の転職は一般的な転職関連情報に惑わされてはいけない

インターネットは、簡単に多くの情報を得られて便利ですね。転職活動においても役立つので、うまく活用していくべきだと思います。

とは言え、世の中にあふれかえっている転職関連情報は、一般的なものが多く、ものづくり技術者に特化した情報がほとんどないのが現状です。

例えば、一般的な情報として技術者には当てはまらない良くある話として、以下の2つをご紹介します。

職務経歴書は1~2枚にまとめる

そんなことはありません!

これは、書類選考する方が、短時間で多くの職務経歴書を見なければならないケースもあるから
アピールポイントを整理してコンパクトにまとめる。というものですが、技術者の場合はしっかりとやってきたことを箇条書きに全て記載しておいたほうが良いです。
実際、弊社がお付き合いしている多くの企業から、弊社のレジュメは非常に分かりやすくて良いという評価をいただいています。ただし、大作過ぎるのは問題なので、多くとも4ページくらいにはまとめましょう。

沢山の求人に応募して内定獲得率を上げる

これは転職の場合、危険な進め方だと思います。

沢山の企業を受けるという事は、1社1社に対する「思い」や「対応」、考える時間が少なくなってしまい、入社したらこんなはずじゃなかったというようなことにもなりかねません。

新卒の時であれば、そのようなやり方でも良い場合はありますが、転職の場合はある程度経験してきたことや、何故転職をしようとしているのか等、様々なことを整理して、進めて行くことが大切です。

 

まだまだありますが、自分の業界の場合はどうなのだろう?という視点で情報収集していくことが大切です。

技術業界で各企業が求めているリアルな情報や、過去の事例などをお話させていただいています。業界に特化した情報が欲しい!という方は、是非ご相談ください。


この記事を書いた人

相澤庸介

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP