お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

志望動機の大切さ


志望動機の大切さ

最近、数名の方から立て続けに面接でダメだったというお話を聞きました。

その方々は弊社からの紹介ではなかったので、何故ダメだったかについての詳細は確認できませんでしたが、お話を伺っていると志望動機の弱さが原因だとすぐに分かりました。

また、ちょうど同時期くらいに、長くお付き合いさせていただいている求人企業の採用責任者の方とお話をする機会がありました。

最近、3名程面接されたようなのですが、全員不採用にせざるを得なかったとのことでした。話を伺ってみると、キャリアプランが描けておらず、当社で何がしたくて面接に来たのかが全く見えなかったというのです。3名ともスキル的には問題ないのに、家が近いからというだけにしか聞こえなかったり、現職での不満は良いとして、それでどうするの?という部分が全く見えなかったりと、非常に残念だったとのお話でした。

転職のきっかけは、不満や不安からでも良いですが、その次のプロセスが重要だと思います。

次の会社で何をしたいのかということを考えなければなりません。

そんなの当然じゃん!と思われるかと思いますが、志望動機をどうしようか悩んでしまう場合は、意外とこの部分を軽く考えてしまっているのかもしれません。

以下のようなことをしっかりと整理した上で、該当する企業を絞っていくということが必要です。

  • 自分にはどのようなスキル、経験があるのか。
  • どのような業界、製品に携わっていきたいか。
  • どのような環境でどのような働き方をしていきたいか。
  • 転職先で何を実現したいか。
  • 転勤の有無
  • 通勤時間
  • 給与

などなど。

挙げていけばもっとありますが、長く働いていくには特に前半4つの項目が重要になります。

これらの内容をしっかりと自分の考えとして整理できていれば、「志望動機を考えなければ!」ということにはならず、自然な言葉で「想いがのった志望動機」が言えるはずです。

不思議なもので、この想いがのった言葉というのが、人の心に刺さるのです。同じ言葉でも想いがのった言葉とのっていない言葉では全く異なるものになります。また、話し方は下手だったとしても想いがのっていれば人は必ず感じるものがあります。

そして、この志望動機が自分自身の覚悟にもなり、入社後のやりがいや成果につながっていきます。

不満や不安だけで企業への応募を進めたりせずに、一度立ち止まって、次の会社で実現したい事、やりたい事は何なのかを考えてみて下さい。

求人企業の見方が変わり、自分にとっての良い選択、決断が出来、素晴らしいキャリアを描いていけると思います。


この記事を書いた人

相澤庸介

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP