お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

希望給与の正しい伝え方


希望給与の正しい伝え方

面接で「希望給与はどれくらいですか?」と聞かれたら、どのように答えますか。

単純に希望給与と言われれば、欲しい金額なんてキリがないですよね。もらえるならもらえるだけ欲しい。1億でも10億でも・・・。しかし、それは現実的ではないということは誰もが分かることなので、現実的な観点に立って考えると思います。

初めて弊社に転職相談に来られて、希望給与の話をすると一番多いのは、現状維持か、それよりも若干増えると嬉しいというパターンです。次に多いのが、現職よりも○〇〇万円は多くもらいたいというパターンです。また、数は少ないですが、現職より減っても良いという場合もあります。

どのように答えるのが正解なのでしょうか。

結論を言ってしまうと、どれが正解ということはありません。

以前「質問には理由が必ずある」というブログを書かせていただきましたが、納得出来るような理由や根拠があれば良いのです。

例えば、現職よりも多く給与をもらいたい場合・・・

過去の例ですが、現職では、年収300万円。希望給与は400万円という方がいました。この場合、現年収と希望年収を言うだけでは、「その100万円の差は何?」となってしまいます。

正しい伝え方は、「現職は会社業績が悪く、直近2年間賞与が出ていない状況です。以前は年間100万円程度の賞与が出ていました。今回は月給を現状維持で賞与支給を想定した年収400万円が希望給与になります。」

言い回しはもう少し良い言い方があるかもしれませんが、伝えるべきポイントをおさえていただければ大丈夫です。

また、転職エージェントには最低年収と希望年収の二通りを伝えているかもしれませんが、企業からしたら、希望年収は「この金額でなければ入社しない。」というように受け取ることになりますので、その点もお気を付けください。

人により状況は様々ですので、どのように希望給与を伝えるべきかは、ご相談いただければ、その人その人にあった正しい伝え方をご一緒に考えさせていただきます。


この記事を書いた人

相澤庸介

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP