お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

人工知能(AI)は転職エージェントより優れているか


人工知能(AI)は転職エージェントより優れているか

人工知能の成長によって、30年以内に現在人間が行っている仕事の約半数が自動化されると言われています。人工知能を搭載したロボットに自分の仕事が奪われても大丈夫なように頑張らねばなりませんね。

弊社へご相談に来られる技術者の方も設計職だから大丈夫と思っていると危険かもしれません。よりクリエイティブな設計者になっていかないと、人工知能に仕事を取られてしまう可能性があります。

ただし、「人工知能には負けていられないぜ!」と対抗するのではなく、人工知能が得意な事、苦手な事を理解し、人工知能を上手に活用していくことが重要になってくるかと思います。

ちなみに人工知能が得意な事、苦手な事については、今年の7月に行われたSoftBank World 2015で孫社長が以下のようにまとめていました。

【得意な事】
・情報の検索
・計算処理
・既知の問題を解決

【苦手な事】
・未知の問題を解決
・芸術などのクリエイティブな活動
・新しい技術の創造

これらを見ると過去に人類が行ってきたものについては、人工知能にかないませんが、起きたことのないものについては人工知能では解決できず、人間の力が必要のようですね。今から人工知能をどのように活用して自分が仕事をして行くかを考えておいたほうが良さそうです。

さて、タイトルにある「人工知能は転職エージェントより優れているか」ですが、結論から言うと、「どちらも優れている部分があり、優劣は付けられない」と思います。そして、人工知能も転職エージェントもそれぞれ得意な事、苦手な事があるので「どちらも必要」だと考えています。ただし、以下のようなやり方をしている転職エージェントであれば、間違いなく人工知能に仕事を奪われると思います。

例えば、
・データベースでヒットした求人を片っ端からご相談に来られた技術者に見せて、求人企業への応募を促す。
・求人企業へ推薦書、履歴書、職務経歴書をメールで送るだけの紹介。
・ご相談に来られた技術者と直接会って話をせずに、電話やメールだけのやり取りで紹介を進める表面的な対応。
・履歴書、職務経歴書に記載のスキルやキーワードだけを抽出したマッチング。

まだまだあるとは思いますが、こういったことは、簡単に人工知能で出来てしまうと思いますし、人工知能のほうが良い仕事をするのだろうなぁと思います。

逆に、以下のようなアナログなことは、生身の人間のあたたかさのような(うまく表現できないですが)ものが必要だと思います。

・ご相談に来られた技術者の中にある考え方の整理の支援。
・ご相談に来られた技術者に安心感を与える。
・ご相談に来られた技術者の背景を加味した転職支援。

転職エージェントは、お見合いの仲人に似ている部分もあります。仲人が人工知能だったら嫌ですよね。それと同じで、生身の人間の感覚が絶対に必要な仕事です。なぜなら転職は人生の中でも非常に大きなイベントであり、転職は人生で何十回もするものではいので基本的に皆素人であるため、不安を抱えながら転職活動をしている方が多いです。求人企業との間に入る仲人であれば、そういったメンタル面も含めて転職支援をすべきと考えています。人間と人間を引き合わせるのは人間しかいません。

ただ、人工知能を一切使わないということではなく、効率化を進めても良い部分については、どんどん活用していくべきとも考えています。


この記事を書いた人

相澤庸介

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP