お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

中途採用の内定通知に対する「承諾」「辞退」の返答期限


中途採用の内定通知に対する「承諾」「辞退」の返答期限

転職活動における最後の決断の場面は、応募先企業から内定が出た時です。

内定をいただければ、誰もが嬉しいと感じますよね。だからこそ、企業側から翌日までに内定承諾の返答が欲しいと言われれば、他にも気になる企業があったとしても内定承諾するということもあるかと思います。しかし、翌日が返答期限という設定は短すぎると感じます。大事な人生の選択をするのに、しっかりと考える時間は欲しいですよね。とは言え、いつまでも待ってもらえるものでもありません。

この内定に対する「承諾」「辞退」の返答期限については色々な考え方があるので、明確に何が正しいとは言えませんが、返答期限が異様に短い(即日から3日以内)場合、以下のような2パターンが考えられます。

  1. しっかりと考えた上で、入社したいという気持ちをもって当社へ応募してきたのだろうから、考える期間は必要ないのではないか。
  2. 他社に取られないように早めにおさえておきたい。

1.については何となく企業側の考え方に理解が出来ます。しかし、2.については、気持ちは分かりますが、応募者を焦らせることになり、良くないのではないかと思ってしまいます。

しかし、返答期限について企業へ直接相談するのは、言いづらいかと思います。その場合は紹介してくれた転職エージェントに相談しましょう。

我々も返答期限について相談を受けることがあります。

良くあるのが平行して数社選考を進めている場合です。その場合は気になっている企業の選考結果が出るまで待って欲しいという話で分かりやすいのですが、更にその結果が出た後でも、内定をもらった会社の中でどこの会社が良いか悩む場合があります。

すると、「いつまで待ってもらえますかね。期限はいつまでですかね。」という質問をされるのですが、そのような時はいつも、

「逆にいつまでだったら結論出せますか?そしてどんな材料があったら判断出来ますか?」

と質問で返します。

一番大切なのは、転職活動を始めるときにどのような軸をもって臨めるかということです。応募先企業を決めたり、内定承諾をする際は、その軸が判断基準になるからです。

とは言え、なかなか完璧には出来ないものです。内定が出た際に悩んだ場合は、返答期限については出来る限り我々のほうで企業側と相談して調整しますので、どんな材料があれば決められるのかを今一度一緒に考えてみましょう。

回答を急かされても焦らずにしっかりと考え、「この会社で頑張っていくんだ!」という覚悟をもって入社を決断出来ると、今後良い方向に進んでいくことが出来ると思います。


この記事を書いた人

相澤庸介

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

相澤庸介

友だち追加

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16154452)
インスタント的な「求人紹介コンサルタント」ではなく、じっくりとサポートを行う技術者専門の「ライフキャリアコンサルタント」として、本来のキャリアコンサルティングを行っていきます。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP