お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

ビジネスカジュアルってどこまでアリ?


「ビジネスカジュアル」というスタイルもだいぶ定着してきましたね。夏の「クールビズ」、冬の「ウォームビズ」は気温に応じて取り入れることができるビジネスカジュアルであると位置づけられると思います。

自身の体感温度にあわせて着こなすことができ、オフィスでも快適に過ごせるようになりました。採用面接においてもビジネスカジュアルを推奨する企業も出てきました。とくに夏の炎天下にスーツで企業へ訪問することは、緊張と暑さで汗が止まらない事態になるので「ビジネスカジュアルでお越しください。」と言っていただけるのは、とてもありがたいことですよね。

ところでビジネスカジュアルってどこまでOKなのでしょう?今回は、夏のビジネスカジュアル(クールビズ)についてちょこっと調べてみました。

トップスの基本はノーネクタイ

ノージャケットもOKです。ビジネススーツでは長袖シャツ着用ですが、クールビズでは半袖シャツOK。ボタンをあけて着用することで見た目も涼しげですが、あけすぎに見えたりインナーが見えてしまったりだと、だらしない印象になってしまいます。ボタンダウンなど襟のかたちにも気をつかいましょう。色や柄も自由度が高いので、涼しげな色を選べばオシャレ度もアップしますね。

ここで留意したいのは「シャツの裾」です。出すのがオサレというご意見もありますが、面接やお客様とのアポイントがある場合はインすることをお薦めします。薄手のジャケット着用ももちろんアリです。ベルトはカジュアルになりすぎないよう、ビジネスライクなデザインのものを使いましょう。

ボトムスは色と生地がポイント

ボトムスの主流はスラックスですよね。暑い日はとにかく、薄地でサラッとした生地のボトムスが良いですよね!チノパンを着用されている方も多いかと思いますが、カジュアルダウンしすぎないよう色味に気をつけましょう。また、いくら落ち着いた色とは言え、デニム素材やスウェット生地はNGです。

加えて、デザインも重要です。短パン、カーゴパンツなども見かけますが、面接などのシーンにおいてはかなりのチャレンジャーだと思われることでしょう。ビジネスでは避けるのが無難です。

ビジネスカジュアルは靴下の自由度も高めです。インステップソックスといった短い丈のもので涼しく過ごすこともできますね。

靴と鞄も気をつかおう!

靴と鞄もカジュアルすぎないように気をつけましょう。クールビズでは、かかと部を踏みつけて履くタイプの靴やスニーカーを履いている方もいらっしゃると思いますが、さすがに面接にはふさわしくありません。革靴で行きましょう。

面接では、鞄も落ち着いた色のものを選びましょう。「外側にやたらポケットやファスナーがついてる」「色が目立つステッチ」「リュックタイプ」は避けた方が良さそうです。


この記事を書いた人

三上知子

三上知子

友だち追加

カウセリングを通じてキャリアデザインのお手伝いをしています。
最近はネックレスやイヤリングなどのアクセサリーを手作りして楽しんでます。

三上知子

友だち追加

カウセリングを通じてキャリアデザインのお手伝いをしています。
最近はネックレスやイヤリングなどのアクセサリーを手作りして楽しんでます。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP