お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

【面接で好印象】パーソナルカラーを知ろう


人と会う時の第一印象って結構大事ですよね。就職面接ともなれば尚の事です。より良いイメージを持ってもらえるようにするには、笑顔や清潔感はもちろんのこと、「似合う色」を身につけることもポイントです。パーソナルカラーを知って個性をアップグレードしましょう。

パーソナルカラーとは

肌、目、髪の色と調和する「自分に似合う色」です。

似合う色を身につけるとこんな良いコトが!

  • 肌の質感が良く、生き生きとした印象に。実年齢より若く見えることも。
  • くすみ、しわなどのマイナス点をカバーして、より明るく見える。
  • 全体的に好印象でイメージアップにつながる。

パーソナルカラーとベースカラー

パーソナルカラーは4つのタイプに分けられます。

  • スプリング
  • サマー
  • オータム
  • ウィンター

季節に例えられていますが、これはご自身の生まれた季節とは関係ありません。あくまで「似合う色」なので。

ベースカラーは2タイプ。言葉そのままベースとなる色です。

これはブルーとイエローの2色です。サマー・ウィンタータイプはブルーベース、スプリング・オータムタイプはイエローベースに分かれます。

あなたのベースカラーはどちらでしょう?

ベースカラーを知っておくだけでも色選びに役立ちますので、すぐにできるベースカラーの判定方法をここで紹介します。

用意する物 折り紙(金色と銀色)
20150831_055530688_iOS

折り紙の上に手をのせてみてください。
20150831_055558187_iOS

20150831_055707443_iOS

肌が生き生きと見える、しわやくすみが目立たないのはどちらでしょう。金色ならイエロー、銀色ならブルーがあなたのベースカラーです

ベースカラーがイエローの方が似合う色

黄色系/グリーン系/茶、ベージュ系

ベースカラーがブルーの方が似合う色

青、水色系/赤、ピンク系/紫系/グレー系

ちなみに、「白と黒なら無難でしょ?!」と思いがちですが、実はこの2色はブルーベース。イエローベースの方でしたら、真白よりもアイボリー系、真黒よりもこげ茶系を選ぶのがベターです。

似合う色は顔まわりに、似合わない色は顔から遠ざける

パーソナルカラーは「似合う色」であり、「好きな色」ではありません。残念ながら好きな色が似合わないという人もいます。とはいえ好きだからつい欲しくなる事もありますよね。そんなときはボトムスにもっていき、顔まわりのトップスは似合う色をもってくれば無難に着こなせますよ。

色も味方につけて、ベストマッチな転職を勝ち取りましょう!


この記事を書いた人

三上知子

三上知子

友だち追加

カウセリングを通じてキャリアデザインのお手伝いをしています。
先日スピリチュアルカウンセリングというものを受け、子供の頃によく見ていた夢が前世の記憶だと聞かされビビりました。信じて良いのでしょうか。

三上知子

友だち追加

カウセリングを通じてキャリアデザインのお手伝いをしています。
先日スピリチュアルカウンセリングというものを受け、子供の頃によく見ていた夢が前世の記憶だと聞かされビビりました。信じて良いのでしょうか。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP