お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

【知っておきたいプチ情報】「週休2日制」のおはなし


【知っておきたいプチ情報】「週休2日制」のおはなし

求人票に記載されている内容のなかで「休日・休暇」の項目は必ずチェックする!という方もいますよね。知っているようで知らないコト【週休2日制】についておさらいです。

週休2日制とは?

一週間のうち、休日が2日あることでしょ?と思っているかもしれませんが、実は違います。

「一か月のうち、休日が2日ある週が1度以上ある」ことなのです。個人的にはこの表現はいかがなものかと思いますが…。休日が週1日というのは違法なのでは?と問い合わせをいただいた事もあります。労働基準法において休日は「毎週1日か、4週間を通じて4日以上」でなければならないとされており、違法ではありません。

毎週2日の休日があるのは「完全週休2日制」

正直、わかりづらいですよね。「完全」があるかないかの違いです。

この場合、多くみられるのは祝祭日の取り扱いです。祝祭日を休日として、その週の土曜日を出勤とする企業もあります。この場合も「完全週休2日制」と言えます。

休日は会社が定めるもの

ちなみに休日とは会社が定めるものですから、業界や職種によって休日の定めは異なります。カレンダーでの土曜、日曜、祝祭日が休日とは限りませんし、連続した休日ではない場合もあります。日曜日に出勤しても、それが会社の休日でなければ休日出勤にはなりません。逆に言えば、曜日に関係なく会社が休日と定めている日に出勤せざるを得ない場合は休日出勤となるのです。

企業の人事担当の方も、違いをわからずに求人票に記載されていることもあります。休日の表記に限らず、不明瞭な点があれば問い合わせてみましょう。


この記事を書いた人

三上知子

三上知子

友だち追加

カウセリングを通じてキャリアデザインのお手伝いをしています。
最近はネックレスやイヤリングなどのアクセサリーを手作りして楽しんでます。

三上知子

友だち追加

カウセリングを通じてキャリアデザインのお手伝いをしています。
最近はネックレスやイヤリングなどのアクセサリーを手作りして楽しんでます。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP