お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

『面接で違和感を感じた』という意見


『面接で違和感を感じた』という意見

書類選考を通過して、やっと辿り着ける面接。その貴重な面接の場は大事であり、面接を受けた後に振り返る事は大事です。そんな大事な面接を受けてみて感じた『違和感』とは・・・

たった数十分話しただけで感じた違和感とは!?

面接を終えた方とは、必ず『面接の振返り』を行っています。感想は人それぞれですね。良い方の感想としては、『とても良い印象を得た』『自身に合っていると実感した』『やりたい事をやれそう』『自身が評価されていると感じた』というような、喜びやテンションアップを含めた、『志望度アップ』の内容です。

面接のネガティブな感想・・・

これに対して、面接後の悪い方の感想の中にあるのが、『違和感を感じた』というものです。これはなかなか奥が深いのですが、『思っていた感じと違った』という感覚的なものから、『自身のやってきた環境、技術と違った』『自身の適性や得意分野と合わないと感じた』等の具体的なものまであるようです。

『違和感』は信じるべきかどうか!?

このように『違和感』を感じたとしても、面接の結果はNGとは限りません。上手くいくこともあります。それでは、この『違和感』は何だったのでしょうか。『たかが数十分で感じた感覚』と言えばそうなんです。しかし、正直に言って無視は出来ない感覚だと思います。信じるかどうかを私が決める事は出来ませんが、『その違和感は何だったのか!?』をしっかりと見極める必要があります。面接結果がOKであれば、選考を進める上で『違和感』の理由によっては進めるべきではないかもしれません。面接結果がNGであれば、その『違和感』を踏まえて、次に応募する企業を選ぶ基準を考えなければいけません。

『直感』は大事です!!

前項でもお伝えした通り、答えを私は出せません。最終的にはご本人が答えを出さなければいけません。しかし、『直感』による『違和感』というのは大事な要素ですので、もしそれを感じたのならば、しっかりと分析しましょう。


この記事を書いた人

浦林次郎

浦林次郎

友だち追加

大手特定派遣会社での技術職・営業職経験を活かし、『技術者目線』を大事にしたキャリアコンサルティング、企業への採用コンサルティングを実践し、キャリア相談者とも採用担当者とも信頼関係を最重要視している。

浦林次郎

友だち追加

大手特定派遣会社での技術職・営業職経験を活かし、『技術者目線』を大事にしたキャリアコンサルティング、企業への採用コンサルティングを実践し、キャリア相談者とも採用担当者とも信頼関係を最重要視している。

技術業界のプロに相談する(相談無料)

最近の記事

お問い合わせ

CONTACT

当サイトや弊社サービス内容に関して、ご不明な点などありましたら、
以下のいずれかの方法にてお問い合わせください。

TO TOP